電子書籍

Amazondで電子書籍を出版するのにかかる費用はいくら?代行業者の相場は?

「電子書籍を自分で出すのってお金かかるの?」

「自費出版は高いって聞いたけど、電子書籍もお金かかるの?」

そんな疑問をよく耳にします。

結論から言うと、
電子書籍の出版費用はゼロ円です。
無料で誰でも出版できます。

費用がかかるとしたら、電子書籍出版代行業者を利用したときくらいです。

この記事では、
電子書籍出版にまつわる費用について説明していきます!

Amazon Kindleの電子書籍の出版費用は無料!

電子書籍は無料で出版できます。
AmazonのKindleや楽天のKoboなど、
ほとんどの電子書籍出版サービスでは、誰でも無料で出版することができます。

審査も一応あることはありますが、
文字数が少なすぎないか、著作権に違反していないかなど、
常識的な範囲での審査しかありません。

商業出版や紙の自費出版と違い、
誰でもノーコストで出版できるのが電子書籍の最大の魅力です。

電子書籍出版代行業者って?

電子書籍の出版に費用がかかるとしたら、
それは出版代行業者を利用した場合です。

電子書籍の出版には次のようなプロセスがあります。

企画→執筆→校閲→表紙作成→電子書籍形式へのデータ変換→ストア登録

といったプロセスがあります。
そのうち、主に校閲からストア登録までを代行する業者が存在しているのです。

電子書籍出版代行業者の費用相場は?

出版代行業者のサイトを様々調べたところ、
以下のようになっていました。

最安:データ変換→ストア登録までで19800円
最高:校閲→表紙作成→電子書籍形式へのデータ変換→ストア登録までで200000円/p>

このように、
19800円〜20万円までと、だいぶ幅広い結果となりました。

ただ、最安のプランでも、
表紙作成で+5000円校閲で+10000円など、
オプションが多く存在しています。
そのため、トータルで考えると3万円〜5万円程度かかると考えていいでしょう。

代行業者は高い?安い?

とは言っても、電子書籍の出版を経験したことがない人にとっては、
これが高い安いか判断しづらいですよね。

特に、多くの代行業者は

「自費出版すると数十万円かかる!」

と、自費出版にかかる膨大な額と比較しているため、なんだか安い気もしてきます。

ただ、これまでに何度も出版を経験してきた身からすると、
非常に割高であると感じます

たしかに、昔はEIN申請といったアメリカからの源泉徴収を回避する英語の書類を提出する必要があり、
それなりに面倒はありました。
しかし、現在では面倒な申請が不要になったため、電子書籍の出版はかなりハードルが下がっています。
それこそ、写真付きのマニュアルさえあれば誰でも簡単に登録できます。

また、今では優秀なツールがたくさん揃っているため、
電子書籍形式への変換も比較的簡単に行えます。
レイアウトにこだわりたいといった意図がなければ自分で十分作成できます。

電子書籍の出版で一番難しくて価値ある部分は、企画と執筆です。
けれど、ここ以外の簡単な作業しか代行してくれないなら、割高と言わざるを得ないでしょう。

電子書籍の表紙作成は外注もアリ

代行業者の請け負っている箇所で、
唯一自分でするのがハードルが高いところは、表紙の作成です。

表紙の作成は売り上げに直結する部分でありながら、
初心者が自分で行うのは難しい部分です。
そのため、表紙作成については外注を検討してよい箇所でしょう。

例えば、様々なサービスを外注できるココナラでは電子書籍の表紙を専門で請け負っている人々がいます。
ここで依頼すれば、
5000円〜10000円もあれば立派な表紙を作れるでしょう。

まとめ〜電子書籍の出版費用は基本的に無料!〜

電子書籍の出版は、無料でできます。

費用がかかるとしたら出版代行に依頼した場合ですが、

「普段全くPCを触らず、Amazonで買い物をしたこともない」

くらいの初心者でなければ、苦もなく行える作業です。

電子書籍の出版では、企画と執筆が一番大事で難しいところですが、
私が見た限りでは、現行の出版代行業者代行してくれるのは簡単な作業だけです。

なので、表紙くらいはココナラ等のサービスで外注してもよいですが、
ファイル形式変換や出版手続きくらいは自力で行うのがオススメです!

電子書籍は低コストで出版できるというのが最大のメリットのため、
ぜひその恩恵を活用していきましょう!

  • 電子書籍は誰でも無料で出版できる!
  • 代行業者は割高!
  • 表紙作成は依頼もあり!